成績アップの秘訣~基礎と実勢のバランス「中学理科㉓~細胞のつくり~」 勉強が好きになる小中高生向け学習塾「札幌自学塾」 

細胞のつくり

 

 

1665年、ロバート・フック(イギリス)が顕微鏡でコルクを観察したところ、たくさんの小さな部屋のようなものが見つかりました。そしてそれを「細胞(cell)」と名付けました。

 

実はこれは細胞の死がいのようなものだったのですが、これが細胞発見の始まりです。

 

次回は、消化と吸収についてです!